ワインレポート | ワイン情報をお届け
カベルネ・ソーヴィニヨン2009

カベルネ・ソーヴィニヨンの2009年ヴィンテージをリリースいたしました
リリースに伴いこのワインに対するコメントを頂きましたのでご紹介いたします

『 ラルカンシェル 』 大橋さん
 植物から来る揮発的な香りハーブの香りを感じます。
口の中でやや荒々しい渋みや酸を感じますが大きめのグラスで、
ゆっくり時間をかけて飲み進めるうちに、程よく混ざり合い、
口当たりも良くなります。チョコレートの香りも生まれてきます。
リリース直後の味わいよりも半年ほど待った時の味わいにも、期待される。
さしの入った牛肉よりは鴨肉をお勧めします。鳩肉もよろしいかと思います。
Shop情報 : 「ラルカンシェル 松江京店」 松江市末次本町8-8 
Tel : 0852-61-5788

『 組嶽本店 』 組嶽さん
 グラスからはドライハーブとベリー系の香りの中に少し青さを感じる
みどりの香りがします。
舌の上に残る渋みに粗さを感じます。まだ整い切れていない状態。
瓶詰めからの日数が浅いからかもしれない。
グラスの中で変わるのを待つ時間が必要。大き目のグラスを薦めます。
和食との相性を思いつきます。
醤油の香りを感じますので、すき焼はいかがでしょう。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 
                Tel : 0852-52-2101
        「Barくう」 松江市末次本町36 E.A.Dビル2F  
                Tel:0852-25-1323

併せて昨年リリース済みのシャルドネについてもコメントを頂きました
シャルドネ2009

 大橋さん
 今までの奥出雲葡萄園のシャルドネのイメージを継承してはいますが、
色調、酸味、樽香、白い花の香り、アルコールからのボリューム感が
全体的にスマートになったと感じる。
軽い苦味が後味にある。
身近な料理としては、白身魚の塩焼きにレモンの香りを加えたり、
帆立の貝柱や鶏肉など白をイメージさせる食材を取り入れると
良いと思います。

 組嶽さん
 樽熟成のシャルドネです。
グラスからとどく樽やフルーツのふくよかな香りに比べ、口に含んだワインは、
どことなくおとなしいスマートな感じがします。
穏やかでやさしい酸味を持っているワインなので、魚介類に合いそうです。
特に脂の少ない川魚、ヤマメ、イワナなどに合わせても面白いと思います。

この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1064