ワインレポート | ワイン情報をお届け
2017/10/01
甲斐ノワール2016

 『甲斐ノワール2016』

鳥取県八頭町の田中康夫氏の畑で栽培されたブドウを丹念に仕込み、樽熟成を行いました。ブラックベリー、黒胡椒などの凝縮感のある香りを持ち、柔らかいタンニンや心地良い酸味とともにスムースな口当たりが楽しめるミディアムボディの赤ワインです。
IMG_5190.jpg

2012/07/23
シャルドネ アンウッディッド2011

6月にリリースいたしました奥出雲ワインシャルドネアンウッディッド2011
『レストランリバービュー』川中實さんより
テイスティングコメントをいただきました


~香り~
アタックにインパクトのあるバナナ、モモ、びわの香り。
第2香にグレープフルーツ、シトラスを始めとする柑橘香。
グラスをまわすと、白や黄色の花を連想させるフローラルな香りもします。
また、(ソーヴィニオンブランに現れる)青い草の香りも
よりワインに清涼感を与えています。

~味~
ワインの感触は優しく柔らかいが、しっかりと引き締まった酸味が特徴で、
ドライで辛口な印象をもつ。口の中でフローラルな風味がワインを上質にしつらえ、
フィニッシュにふたたび、バナナや白桃などのフルーティーさが顔をだし、
ワインをまとめ上げる。

バランスのとてもよい、食事にむくワインだと思いました。


貴重なコメントありがとうございます

2011/09/19
シャルドネ2010

9月10日にリリースいたしました奥出雲ワインシャルドネ2010について
貴重なコメントをいただきました
『 レストランバー リバービュー 』 川中實さん
奥出雲ワイン シャルドネ2010
濃くつややかな色合いに期待感が膨らみます
香りには、白い花、りんご、オレンジ、バナナなどさまざまな好印象の
果物の匂いを感じます
それらを下支えするように、木、樽、バナナケーキ、クッキーのような
香りがしました
 (個人的には奥出雲葡萄園に立ち寄った折、地下の樽貯蔵庫で嗅いだ
   空気の匂い、真っ先に感じた木の香りを連想することが出来た)
味わいもバランスがよく、リッチなタイプの白ワインです
伊勢海老をブランデーの香りで焼き上げ、クリームを生かしたソースを
少し合わせた料理で、このワインとの夢のような相性を生むのでは
ないでしょうか
   Shop情報:「レストランバー リバービュー」
         松江市御手船場町562-1 2F
        Tel:0852-60-6122

2011/01/29
カベルネ・ソーヴィニヨン2009

カベルネ・ソーヴィニヨンの2009年ヴィンテージをリリースいたしました
リリースに伴いこのワインに対するコメントを頂きましたのでご紹介いたします

『 ラルカンシェル 』 大橋さん
 植物から来る揮発的な香りハーブの香りを感じます。
口の中でやや荒々しい渋みや酸を感じますが大きめのグラスで、
ゆっくり時間をかけて飲み進めるうちに、程よく混ざり合い、
口当たりも良くなります。チョコレートの香りも生まれてきます。
リリース直後の味わいよりも半年ほど待った時の味わいにも、期待される。
さしの入った牛肉よりは鴨肉をお勧めします。鳩肉もよろしいかと思います。
Shop情報 : 「ラルカンシェル 松江京店」 松江市末次本町8-8 
Tel : 0852-61-5788

『 組嶽本店 』 組嶽さん
 グラスからはドライハーブとベリー系の香りの中に少し青さを感じる
みどりの香りがします。
舌の上に残る渋みに粗さを感じます。まだ整い切れていない状態。
瓶詰めからの日数が浅いからかもしれない。
グラスの中で変わるのを待つ時間が必要。大き目のグラスを薦めます。
和食との相性を思いつきます。
醤油の香りを感じますので、すき焼はいかがでしょう。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 
                Tel : 0852-52-2101
        「Barくう」 松江市末次本町36 E.A.Dビル2F  
                Tel:0852-25-1323

併せて昨年リリース済みのシャルドネについてもコメントを頂きました
シャルドネ2009

 大橋さん
 今までの奥出雲葡萄園のシャルドネのイメージを継承してはいますが、
色調、酸味、樽香、白い花の香り、アルコールからのボリューム感が
全体的にスマートになったと感じる。
軽い苦味が後味にある。
身近な料理としては、白身魚の塩焼きにレモンの香りを加えたり、
帆立の貝柱や鶏肉など白をイメージさせる食材を取り入れると
良いと思います。

 組嶽さん
 樽熟成のシャルドネです。
グラスからとどく樽やフルーツのふくよかな香りに比べ、口に含んだワインは、
どことなくおとなしいスマートな感じがします。
穏やかでやさしい酸味を持っているワインなので、魚介類に合いそうです。
特に脂の少ない川魚、ヤマメ、イワナなどに合わせても面白いと思います。

2009/02/27
カベルネソーヴィニヨン2007


『ラルカンシェル (大橋さん)』
葉巻や枯れ草の香りがします。黒いベリー系果実を潰したような渋みも感じます。もう少し力強さが欲しいですね。赤身のステーキに合うのではないでしょうか。また、種を潰したトマトを使ったパスタに良いと思います。バジルを使っても良いですね。時間が経つとだんだんチョコレートの香りがしてきます。
Shop情報 : 「ラルカンシェル 松江京店」 松江市末次本町8-8 Tel : 0852-61-5788


『組嶽本店 (組嶽さん)』
色はレンガ色が混じっています。スミレなどの紫をイメージする香りがあります。タンニンは非常に柔らかく酸とのバランスもいいですが、もう少し厚みが欲しいですね。ここ2〜3年が飲み頃ではないでしょうか。いわゆる“重い”カベルネのイメージとは違いますが、料理を引き立ててくれます。醤油ベースの料理や、すき焼きなんかもぜひ合わせたいですね。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 Tel : 0852-52-2101
「Barくう」 松江市末次本町36 E.A.Dビル2F Tel:0852-25-1323

2009/02/26
『春待ちワイン』『きすきのさくら』試飲コメント(その2)

いつもお世話になっている飲食店、酒販店の皆様に試飲していただいたコメントです。


『ラルカンシェル (大橋さん)』
「春待ちワイン」はサラッとした飲み口ですね。豚肉や鶏肉、コールドポークなど、また、ソーセージをボイルしたものと合いそうです。「きすきのさくら」は甘い香りを感じます。具材に火を通した時の甘みと合いそうです。シンプルな料理がイメージ出来ます。また、シーフードサラダもいいかもしれませんね。
Shop情報 : 「ラルカンシェル 松江京店」 松江市末次本町8-8 Tel : 0852-61-5788


『和らく (前田さん)』
「春待ちワイン」はフルーティーな香りでピリッと微発泡が感じられます。和食に合わせるとしたら、菜の花の白和えや豆腐のまろやかな味のもの、山菜の天ぷらや白味噌で焼いた魚などでしょうか。このお店の料理に合うと思います。「きすきのさくら」はイチゴキャンディの香りが感じられます。雛膳の食前酒やちらし寿司などにピッタリだと思います。和食に合わせやすいですね。
Shop情報 : 「和らく」 松江市御手船場町565 Tel : 0852-21-0029


『組嶽本店 (組嶽さん)』
「春待ちワイン」は気泡が若干あります。心地よい酸の香りがあり、やさしくフルーティー。繊細な和食など食中酒としていいですね。今までのやや甘口のものよりお客様に勧めやすいです。「きすきのさくら」は口当たりが柔らかくて甘さが程よいですね。アウトドアにも良く、これからの花見に最適です。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 Tel : 0852-52-2101
「Barくう」 島根県松江市末次本町36 E.A.Dビル2F Tel:0852-25-1323

2009/02/09
『春待ちワイン』と『きすきのさくら』試飲コメント

【広島アンデルセン】のソムリエ 貞森 一之様から、今年2009年の春限定ワイン「春待ちワイン」「きすきのさくら」の試飲コメントが届きましたのでご紹介させていただきます。


『春待ちワイン』 発売中
この味は昨年と違う。
大人の味に進化した春待ちワイン。
ピチピチした粉のような微炭酸が見受けられ、バナナや青リンゴのような香りは新鮮さを表現。今年は甘さを控えめにした辛口のテイスト。爽やかな酸の中に旨味を感じる。まさに料理を引き立てる。
料理に合わせるポイントは塩味。家に持ち帰り、とらはぜの唐揚げをレモンと塩で味わう。美味い。明日は筍の穂先のてんぷらと一緒に、休日には鯛をマリネと塩焼きで楽しみます。


『きすきのさくら』 2月20日発売
今年は香りが違う。
さくらの花のような淡いロゼはブラッシュワインのスタイル。
イチゴを想わせる香りをベースに赤いリンゴのような香りがはっきりと感じるのが今年の特徴。熟れたリンゴをかじったような甘さと酸味が心地よく、もう一杯飲みたくなる。
料理に合わせるポイントは色合いと果実風味。仕事が終わり、スタッフと一緒にテイスティング。旬のイチゴとクリームチーズを挟んだサンドイッチに意外と合う。そのまま家に持ち帰り、ポーク・ジンジャーと一緒に味わう。リンゴジュースを隠し味に仕上げたソースには◎。


2008/09/05
シャルドネ 2007

9月6日に発売するシャルドネ2007の試飲コメントをご紹介します。

IMG_5253.jpg

『ラルカンシェル (大橋さん)』
バターやハチミツ、白い花をイメージする香りでしたが、温度が上がるにつれて、ナッツ香やミネラル香がしてきました。適温としては16℃位がいいですね。酸は穏やかです。料理は、仔牛のクリーム煮、肉じゃがが合いそうです。白身のお肉にも合いそうですね。あと、サザエやアワビを蒸したものにも合わせてみたいワインです。
Shop情報 : 「ラルカンシェル 松江京店」 松江市末次本町8-8 Tel : 0852-61-5788


『ワインレストラン クスクス (岡さん)』
薄い黄緑色から黄色を帯びています。飲み口はサラッとしていますが、柑橘系などの香りは結構しっかりとしています。樽の香りも程よく、余韻も長く感じました。魚貝類を使ったシンプルな味付けの料理に合うと思います。とり肉とも合いますね。焼いた時の香ばしさがこのシャルドネには合うと思います。
Shop情報 : 「ワインレストラン クスクス」 米子市末広町144 Tel : 0859-37-5780


『ワインセラー葡萄屋(足立さん)』
樽の香りは控えめで、アルコール感を少し感じます。時間が経つと、なめらかな口当たりになります。微かに苦みを感じますが、それも心地良いです。お魚よりお肉の料理に合いそうですね。豚肉とか鶏肉の料理がイメージできます。料理とも合わせ易く、スイスイ飲めると思いますよ。
Shop情報:「ワインセラー葡萄屋」 鳥取県米子市角盤町1-23  Tel : 0859-22-2911


『組嶽本店 (組嶽さん)』
樽熟成の感じも良く出て、丸みをおびた心地良い酸もあります。熟成したフルーツの香り、熟れたマンゴーやパイナップルのような香りもありますね。冷えすぎると酸が隠れるので、16℃位が適温ではないでしょうか。和食全般に合いそうですし、スズキや鶏ササミなど淡泊な味わいの料理とは相性がいいと思いますよ。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 Tel : 0852-52-2101
「Barくう」 松江市末次本町36 E.A.Dビル2F Tel:0852-25-1323

2008/05/19
シャルドネ・アンウッディッド2007

6月1日に発売するシャルドネ・アンウッディッド2007の試飲コメントをご紹介します。

IMG_4526.jpg

『Tokyo食堂 (原さん)』
夏向けのシャルドネですね。昨年は天候が良かったと聞いていたとおり、これまでのものよりふくよかさを感じます。アフターのミネラル感も心地良く、馴染みやすい味わいです。酸味を活かしたさっぱりとした料理や瑞々しい料理との相性がいいでしょう。アジやサバを軽くしめて梅肉で食べたり、鶏胸肉のタタキをポン酢または塩とわさびにレモン汁を搾ったもので食べる際に選びたいワインです。牡蛎やハモの料理、筍料理とも合いそうですね。
Shop情報 : 「Tokyo食堂」 鳥取県米子市東町119-2 Tel : 0859-34-9223


『クルージングダイナー・リバービュー (篠崎さん)』
柑橘系の爽やかな香りですね。余韻も長く、残る香りも大変心地良いです。温度変化に応じて、合う料理の幅も広がります。オイリーさもあるので肉料理にも合うと思います。バターを使った料理や、鶏肉とかの白身のお肉料理をお勧めしたいです。
Shop情報 : 「クルージングダイナー・リバービュー」 松江市御手船場町562-1 Tel : 0852-60-6122


『和らく (前田さん)』
誰にも勧められる味わいです。昨年もお客様に大変好評でした。お店では、大川地鶏のグリルを柚子胡椒または岩塩で食べる料理や泳ぎイカをはじめとする地元魚介料理と一緒にお勧めしたいです。あとはサワラなどの焼き魚や白身魚のお造り、お寿司なども良いと思います。カキとも合いそうですね。
Shop情報 : 「和らく」 松江市御手船場町565 Tel : 0852-21-0029


『組嶽本店 (組嶽さん)』
夏向きなので冷やしてサービスしたいですね。シトラス系の香りも爽やかで、やわらかくふくよかな酸を持っています。カキとも合いそうですし、和食全般と相性がいいと思います。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 Tel : 0852-52-2101
「Barくう」 島根県松江市末次本町36 E.A.Dビル2F Tel:0852-25-1323

2008/04/24
ソーヴィニヨンブラン2007

4月26日に発売するソーヴィニヨンブラン2007を日頃お世話になっている飲食店、酒販店の方々に試飲していただきました。そのコメントをご紹介します。


『Tokyo食堂 (原さん)』
樽のニュアンスがあって、メープルのような香りも感じられます。ハーブ系、スパイス系の清涼感も感じられる辛口のワインですね。山椒味噌をつけたサワラとかが合いそうです。また、これからの季節に屋外で気軽に飲みたいワインなので、フランスパンのオープンサンドとかブルスケッタなんかもいいですね。
Shop情報 : 「Tokyo食堂」 鳥取県米子市東町119-2 Tel : 0859-34-9223


『クルージングダイナー・リバービュー (篠崎さん)』
心地良い甘みとスッキリとした酸味が好印象のワインです。夏に向けたこれからの季節にピッタリのワインではないでしょうか。ビネガーを効かせた焼野菜のマリネが合いそうです。お店で出しているタコとセロリのシャンパンビネガーマリネもいいですね。さっぱりとした料理と相性がいいワインです。
Shop情報 : 「クルージングダイナー・リバービュー」 松江市御手船場町562-1 Tel : 0852-60-6122


『和らく (前田さん)』
スッキリと夏向きの白ワインです。和食に合うワインとしてお店で紹介したいワインですね。お刺身や酢の物、夏野菜の天ぷらを食べながら飲みたいですね。
Shop情報 : 「和らく」 松江市御手船場町565 Tel : 0852-21-0029


『組嶽本店 (組嶽さん)』
花の蜜のような甘い香り、熟したゆずのような柑橘系の香りもありますね。樽熟成からくる木の香りも感じられます。料理を引き立てる酸なので特に和食との相性がいいのではないでしょうか。素材の味わいを活かした魚貝料理はピッタリだと思います。
Shop情報 : 「組嶽本店」 八束郡東出雲町揖屋847-1 Tel : 0852-52-2101