はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
カレンダー
コメント
トラバ
教えて!小公子2016。

今年も小公子の季節がやってきました。



DN0A6186.jpeg

2017年11月4日の予約日を前にワイン造りと並行して『小公子2016』の準備をコツコツとしてきました。

今日はワインを瓶に充填したあとの工程を少し紹介したいと思います。



DN0A9368.JPG

奇麗に並べた小公子2016
このあと、瓶口にキャップシールという物を被せます。

※栓をしているコルクには微細な空間があり、そこから酸化したりしてワインがダメージを負うことがあるのでそれをできるだけ防ぎます。また、瓶口は衝撃に弱いので守ります。もちろんワインの注ぎ口が汚れるのを防ぐ役割もあります。


DN0A9381h.JPG

瓶口とキャップシールの間には隙間があるので一本一本機械で締めていきます。
たくさんあるので、けっこう大変です(;_;)

でも楽しいよー。

完成したのがこちらです。  右側。


DN0A9387.JPG

これをスムーズに開けられるとカッコイイーって言われますよ!
みなさんもワインを飲む時に練習してみて下さい。

キャップシールが終わると一本一本ラベルを貼ります。

画像がないので、完成品を。

DN0A9392.JPG

丁寧に丹精込めて造った『小公子2016』いかがでしょうか!
皆様のご予約、心よりお待ちしております。

                               久々のいっとんでした。





山葡萄交配品種「小公子」は、従来の欧州系醸造品種と異なり、独特の個性を持っています。その葡萄で造られたワインは豊かな酸に富み、野趣溢れる印象的な味わいの逸品です。
ご購入をご希望の方には、事前のご予約をお勧めしています。
  750ml ¥3,780(税込)


●【ご予約は次の手順で承ります。】

 予約開始日2017年11月4日(土) 午前9:00~(9:00まではお電話が繋がりません)
 予約方法電話またはワイナリー売店で直接お申し込み下さい。
      *メール、FAXでのご予約はお受け出来ません。
       予約予定本数に達した時点で予約は終了となります。

      *当日の電話は、例年大変混み合います。
       ご迷惑をお掛けしますが、予めご了解下さい。
      *商品のお引き渡しは、発売日以降となります。
       「発送」または「店頭受け取り」をお選びください。
       ただし、店頭受け取りは年内にご来店いただける方に限らせていただきます。
 予約本数お1人様4本まで(一家庭につき4本まで) 



●【予約分以外の残りの小公子を店頭販売致します。】

 発売日2017年11月18日(土)
 販売本数お1人様2本まで(一家庭につき2本まで)
 購入方法ワイナリー売店にて直接お買い求めください。
 発売日当日は、売店のみでの販売です。発売日翌日からお電話でのご注文をお受け致しますが、本数に限りがあるため無くなり次第終了とさせていただきます

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1883