はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
その他
そろそろ花粉が、、、

今回はお知らせをふたつ。

まずは、「薪割りの会」から。
3月になりましたが、もう少し寒い日が続きそうです。たまに気温がぐっと上がることもありますが、昨日のように雪がちらつく日もあったりとジグザグ天気。体調管理も大変な時季ですね。ワイナリー店内の薪ストーブもまだまだフル回転です。
この薪ストーブの燃料となるのはもちろん薪ですが、その薪割りの体験ができるのがこのイベント。実際、薪割りを体験する機会はなかなか無いもので、参加された方には、“割れたときの爽快感がたまらない”とか“いい汗かいて運動不足解消になった”と喜んでいただいております。そしてイベントの終わりには、皆で暖かい料理を囲んでの昼食会!これはもう参加するしかないでしょう(^^)

....ということで、13日はぜひご参加を。参加を希望される方は「お知らせ」をご覧ください。20名程度を定員としておりますので申し込みはお早めに。
ちなみに、屋外でのイベントですので防寒対策をお願い致します。昨年はみぞれまじりの小雨の中での開催でした・・・^^;でも、動き出せばすぐに暖まりますよ!
DSC09220.jpg
これがワイナリー庭の一角に準備された約4tの原木。血が騒ぎます!?



次に、リリース情報。
京都の葡萄栽培家・梅垣誠氏が自ら品種交配してつくり出したぶどうから奥出雲葡萄園が醸造したワインといえば、今年1月にも発売した赤ワイン『梅垣』。オリジナル品種「野の香」を主体に造るこのワインは、山葡萄系品種らしい力強さと欧州系品種らしい繊細さを持ち合わせた人気の商品。

今回はこれに加えて『梅垣白』『ヴィオニエ』『ピノノワール』をリリース。全て梅垣氏が手掛けたぶどうを奥出雲葡萄園で醸造したものです。ヴィオニエとピノノワールはそれぞれの品種の特徴を十分感じられますし、梅垣白はリースリングと野の香を交配したぶどうで造った新たな味わいを楽しむことが出来ます。
DSC09217.jpg
これらのワインは限定生産となりますので、ワイナリー売店または直接お電話にてご注文下さい。詳しくは「お知らせ」のリリース情報を。在庫が無くなり次第、販売終了となりますのでご了承ください。


MAKOTO

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1699