はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ワイン造り
対照的な・・・

DSC06781.jpg
青空になるとワイナリーからの眺めもこんなに綺麗♪仕事へのモチベーションも上がります(^^)


さてさて、冬タイヤへの交換終わりましたか?
今年は初雪も早かったため、まだ11月だというのに早めの交換。すると先日の朝は屋根から庭から道路までが真っ白!
交換しておいてホント良かった・・・・


今シーズンもすべての仕込みを無事終え、工場は樽詰めやら瓶詰めやら。そうこうしていると今年が終わっちゃう!年内にしておきたい作業が・・・・・なんて、いつものことですけどね(笑)


DSC06763.jpgDSC06764.jpg
これは冷却中のタンク。いくら寒い工場とはいえ、自然にこうはなりません。
瓶詰め前の準備として、ワインをタンクごと冷やし、ワイン中の酒石酸を結晶化させて取り除きます。瓶の中で結晶化してしまうと、まるでガラスの破片が入っているように見えますから。


DSC06765.jpgDSC06766.jpg
こちらは保温中。中身はMLF(マロラクティック発酵)中の赤ワインです。外気が寒くなると当然タンクに入っているワインの温度も低くなります。下降していった温度が発酵の適正範囲から外れてしまうと、その発酵も途中で止まってしまう恐れがあるのでこうなっている訳です。タンク下には皆さんがお家で愛用されている「コ〇ツ」(^_^)/
まぁ苦肉の策です。決して温度上昇には至りませんのでご安心を。。。




同じ部屋に対照的な2つのタンク。
DSC06769.jpg



MAKOTO

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1467