はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
その他
○○の予感??

仕込みも中盤戦です。今日は中秋の名月。まだまだ夏が愛おしい自分としては認めたくないですが、秋の気配は確実に届いてきています。


工場を開放して仕込みなどの作業をしていると、いろいろな虫もやってきます。最近ではトンボの姿を多く見るように。これも季節の変わり目でしょうか。

甘い匂いに誘われてくるのはハチたち。何年か前にはミツバチも多く見られましたが、最近あまり見かけません。その個体数の減少はここでも実感します。
今でも元気にやってくるスズメバチは薄暗くなると電灯の周りで不気味な羽音を立てています。ですが翌日になると、ワインの香りに酔うのか炭酸ガスでなのか、床で這ったり低空飛行をしています。ただし、これがまた要注意。つい先日も、休憩あけで作業エプロンを付けようとしたところ、「ヂクッ」と痛みが。一瞬の出来事で動揺する自分と、突然の事態に困惑気味のスズメバチ。黒い悪魔は戸惑いながらそのあとゆっくりと飛び立って行きました。

その後作業を続けるものの、ズキズキと痛み、みるみるうちに腫れていく腹部。その日の夜から腫れが大きくなってまるで妊婦さんの様。
危険です、スズメバチ。

その後は以前にも増して警戒感を強めて仕事。今のところ次なる犠牲者は出ていません。


先日は、ワイナリー長が携帯で撮影した写真を見せにきます。「これって見たことある??」

その写真を見た瞬間、自分もカメラマンになってその虫のもとへ。
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92.jpg%E5%86%99%E7%9C%9F3.jpg
ぱっと見は普段のカメムシですが・・・

その背中には!?
DSC06412.jpg

見事なハートマーク!!!

新種でないのかと淡い期待感は正直あったものの。。。調べてみると極々一般的な品種とか。“カメムシの入門として最適”なんて表現もされていますw
名前は「エサキモンキツノカメムシ」。なんと、子育てをする虫らしく、懸命に卵や孵化した幼虫を守る画像のあるサイトも見つけました。

見事なハートマークの発見に何だか嬉しい気持ち。もしかして◯◯の予感!?


こんなことで幸せな気分になれる・・・・・まだまだ仕込み頑張れそうです(笑)


MAKOTO

コメント

デザイナー 内田 | 2013/10/08

「エサキモンキツノカメムシ」、可愛い!そんなことを調べてしまったら、この親がいなくなったら、残された子供たちはどうなるの???なんて考えてしまい、ガムテープにくっつけてゴミ箱へポーイ!なんて、できなくなりますね。背中のの中に色々なものを背負っている感じに見えて来ました。

MAKOTO | 2013/10/10

コメントありがとうございます。

そうですよね、彼らの背景にも家族とかいろいろあるんですよね、、、。


あれ以来この種のカメムシは見ていません。通常の“悪役”カメムシは見るようになったのですが(笑)

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1442