はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ぶどう栽培
小公子、その後

こんにちはサイトウです。相変わらず暑い日が続いてますね。
皆さん熱中症にはくれぐれもご注意ください。

さてさて我が奥出雲葡萄園では
前々回ご紹介した『小公子』の収穫が始まっております。
見てください従業員の真剣な眼差しを!!
waka.jpg

ここまで手塩にかけて育てた娘(葡萄)を嫁(ワイン醸造)にやらねばならぬ親心からか
その瞳には溢れんばかりの愛と
少しの憂いを感じさせます(笑)

ここで農場スタッフの宮ちゃんに
今年のブドウの出来を聞いてみました
「ご覧の通り今年もいいできですよ!!」
miya.jpg
とのこと…コメントすくなっw
やるべきことはやった
という感じでしょうか。忙しいとこありがとうっ!

そんなわけで『小公子』は農場チームから醸造チームにバトンタッチ!!
この先美味しいワインが出来るかどうかは
私を含む醸造チームの腕にかかっています。
あ、ワイナリー長とMAKOTOさんの腕が鳴っている
皆さんにお聞かせできないのが残念!!

おいしいワイン『小公子』が出来るよう皆さんも応援してください!!!

さーて次回のななころびやおき(ブログ)はー?
農場スタッフの宮ちゃんが更新?!乞うご期待!


コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1426