はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ワイン造り
序盤戦

今月2日に始まった今シーズンの仕込み。
例年通り「小公子」からのスタートでした。続いて「メルロ」の一部と、白ワイン用品種「セイベル」。今は計4本のタンクの中で発酵中です♪葡萄畑でも、それぞれの品種のペースで順調に熟しています。それを狙うタヌキも忙しそうです(笑)
近年白ワイン用品種が不足していたため、今年のセイベル豊作はうれしい限り。ただ、白ワイン用でも「シャルドネ」は、病気などの影響があったため、当初の見込み量からは多少の減になりそうです。。。


そのシャルドネの収穫祭は、いよいよ今週末!
今年も県内外からたくさんの参加申し込みをいただいています。ありがとうございます!!
皆さんと一緒に気持ちいい汗を流せるのを楽しみにしております。


問題は予報に出ている傘マークですかね、、、
どうか晴れますように


MAKOTO

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1017