はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ぶどう栽培
葡萄枝の再利用

新たな年を迎えてもう半月になろうとしています。ワイナリー周りの景色は、かわらず白いままです。

一昨日出来た玄関の氷柱はさらに長くなりました。お客様も思わず立ち止まり。。。
IMG_9713.jpg


この時期、ワイナリーの庭にあるバーベキューハウスの中では、畑で選定した葡萄の枝を粉砕する作業を行っています。
IMG_9727.jpg
この機械を使って枝をチップにします。

チップになった物は山にして置いておき、こなれた頃、肥料として使います。
IMG_9736.jpgIMG_9723.jpg
見るからに栄養ありそうな肥料。昨年冬に作ったものを秋に掘り起こした際、このふかふかの“ベッド”の中からたくさんの幼虫が出現。まさに「幼虫の宝石箱や〜!」という感じでした。

夏にどんなりっぱなカブトムシが姿を見せてくれるのか、ちょっと楽しみでもあります。


MAKOTO

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/913