はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
カレンダー
コメント
トラバ
ぶどう栽培
粗皮はぎ

IMG_6076.jpg
ぐずついた天気の多い山陰の冬ですが、合間の貴重な晴れの日には葡萄の樹の粗皮はぎをしています。


粗皮がついた状態と・・・
IMG_6083.jpg

剥いだ後の状態です。
IMG_6088.jpg


葡萄の樹は年を重ねると、外の皮がかたくなり所々浮いたようになってくるのですが、この粗皮の下に害虫が卵を産んだり、越冬の住みかにしたりするのです。
この浮いた粗皮は役割を終えた部分ですので、ある程度剥いでも生育には問題ありません。
冬のうちに取り除いて、越冬しようとする害虫や病原菌ごと取り去ってしまうことが、来年の病害虫の発生を少しでも軽くすることにつながります。
地味ですが、大切な仕事です。
IMG_6073.jpgIMG_6079.jpg


初冬の静かな畑で黙々と作業を進めています。



N.Abe

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/741