はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ぶどう栽培
畑の住人たち

ワイナリーの周りは畑や山なので、夜になって明かりを付けていると
色々な虫が窓ガラスに集まってきます。
さながらムシムシ大行進。苦手な人はじんま疹がでるかも・・・。


IMG_4778.jpg
これは窓ガラスにやって来たカメムシ。
初冬に臭いにおいで世間を騒がすあの茶色いカメムシとは
種類が違うのですが、まだ青い葡萄の実の汁を吸って傷めてしまう、
困ったヤツです。
SANY4099.jpg
日中、畑での様子ですが、こんな感じで、ほそーい針の様な口を、
まだ固い皮に刺しこんで汁を吸っています。
葡萄の実の色と同化しているので見えにくいですが、分かります?


IMG_4800.jpg
こちらはハマキムシ。
コカクモンハマキというガの幼虫が、葉っぱをくるくるっと巻いて
住みかを作り、食害しながら成長します。
葉っぱを開いてみると・・・、これが幼虫です。
IMG_4804.jpg
大発生するとほとんどの葉っぱがくるくる巻きになって
光合成に支障をきたすほどになってしまいます。


IMG_4799.jpg
番外編で、
カマキリの赤ちゃんがキーボードの上に・・・。
これくらいちっちゃいとかわいいもんです。



N.Abe


コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/683