はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ぶどう栽培
苗植え

ワイナリー周辺に増設した葡萄畑に苗を植えました
%E7%94%BB%E5%83%8F%20082.jpg
シャルドネとピノグリ(ワイナリー初の試み)の2品種で、合計約930本。畑スタッフと工場スタッフ、普段は接客をしているスタッフも含めて8〜10人が出動。穴掘り、肥やし入れ、水運搬、植え付けといった作業に分かれ、一本一本丁寧に植えていきました。
雨は降らなかったけど、蒸し暑い天気。人間の方も水分をしっかり取りながら、2日間にわたって奮闘しました。

昨年植えた苗には、病気や虫の被害が出て結局枯れたものや、あっけなくカラスに引っこ抜かれたものもありました。今回はぜひとも順調に育ってほしいものです。
今後は、畑の仕事量も増えますが、数年後に立派な圃場になっていることを期待しています

MAKOTO


コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/675