はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
ぶどう栽培
早春の葡萄園

ワイナリー周辺のさくらのつぼみも膨らんできて、春の気配が感じられるようになりました。
畑のスタッフ達は、数日前からビニール張りを始め、にわかに葡萄園も忙しさを増してきています。

IMG_3846.jpg

毎年、早春のこの頃、葡萄園の下草は冬色から次第に緑色を帯びてきますが、その中に薄紫色の姫踊り子草(ヒメオドリコソウ)の群生が現れます。
萌芽の直前、ワイナリーの前の葡萄園が所々に紫色になった光景を見ると、いよいよ葡萄作りの季節が始まった気がしてワクワクしてきます。
IMG_3844.jpg
姫踊り子草とはよく言ったもので、近くで見ると、葡萄の樹の下で春の到来を小躍りしながら喜んでいるように見えます。


N.Abe

コメントを投稿する

(初めてのコメントの場合、コメント投稿後、表示前にワイナリ娘達がチェックすることがあります。チェックが済むまではコメントは表示されません。表示されない場合はしばらくお待ち願います。)
名前:
E-Mail:
URL:
コメント:
この記事のトラックバック Ping-URL:
http://okuizumo.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/645