はいごん(出雲弁:忙しくバタバタした様子の意)なワイナリーの日常を男性スタッフがつづる
奥出雲ななころびやお記
カレンダー
トラバ
ぶどう栽培

しもしも~。今日、オールして遊ばなーい?


って( ゚,_ゝ゚)バカ。 
大変な時に何、芸人さんのマネで入ってんのよ。

そうじゃない。霜ですよ。霜。




深夜2時に緊急招集!    まあオールといえば、オールだけど。。


前日に霜警報が出て霜対策をする為に店に深夜2時に集合しました。
昨年、葡萄園は遅霜にやられて大きな被害を受けました。


DN0A4849.jpg


せっかく芽吹いた芽が霜で焼けてしまいました。

今年はなんとしても新芽を守るべく対策をとりました。




霜の正体は、逆転層。
通常なら高度になれば気温が低下していくが、反対に高度になると気温が上昇する(気温の逆転)大気の層のことです。風が弱く晴れた穏やかな夜に、放射冷却によって地表付近の気温が低下した時に起こりやすいそうです。逆転層が起きている時は、通常のような空気の対流が起こらないので火を焚いて上昇気流を作り冷たい空気を上に送り出してやる作業をしました。

DPP_0004.JPG





常に温度計をチェック。              芽も凍っていません。
DPP_0001.JPGDPP_0003.JPG




作業は2時から5時まで安全に十分に注意して行いました。
気温が低い所には追加で火を着けたりもしました。
DPP_0002.JPG






なんとか霜にやられずにすんで良かったです!
元気に育ってねー。
DN0A7327.jpg


まだまだ安心は出来ませんが、被害もなくホッとしています。
収穫まで先は長いですが、こういった困難を奥出雲葡萄園のみんなで乗りっきて、美味しいワインにしていきたいと思っています。


夜食を準備してくださったみなさん、残って仕事を続けてくれたみなさん、ありがとうございました。

今度はゴールデンウィークの様子かな~(^-^) またねー。       
                                       いっとん


イベント

今年もワイナリー恒例 薪割りイベント2017が3月12日に開催されました。
天気も最高に晴れて、初参加の方が多い中、4tもの木があっという間に
薪になりました。

最初はうまくいかなくて苦戦されてましたが、皆さんすぐにコツを掴まれて、いい音が響いていました。皆様の奮闘ぶりをコメントをいれながら紹介させて頂きます。


%E6%BA%96%E5%82%991.jpg
みんなで点検  安全第一!

6.jpg
薪にしやすい形にチェーンソーで玉切りに。

11.jpg
木を定位置に。  運搬たいへんです。


7.jpg
準備万端!  さあーやるでー。


12.jpg
ほんとに初めて?  うますぎでしょー。

9.jpg
遠方からありがとございます(>_<)

14.jpg
おみごと(゚O゚)  来年はぜひバイクで!


20.jpg
切っていただいた薪はフォークリフトで運びます。


21.jpg
プロ3剣士

%E5%BA%AD.jpg


25.jpg26.jpg

27.jpg28.jpg

29.jpg30.jpg
薪を割り終わった後は、新しくオープンする庭カフェで、美味しいお料理をいただきました。ワイナリースタッフも一緒に座らせてもらい楽しくお話しさせて頂きました。
みんないい笑顔してますね(^-^)


31.jpg
必殺!天空落とし(°д°)   いや、地球ごと割ったるでー!



皆様のお陰でたくさんの薪ができました。ほんとにありがとうございました。
怪我もなくほんとに良い薪割りイベントになったと思います。今年来られなかった方も来年はぜひ一緒に薪を割りましょう。もちろん今年の皆様もまたお待ちしておりますね。

次は木次のさくらまつりでお会いしましょー!

                                     いっとん



その他

今年の鬼は手強かった。

なんと、ワイナリーには二人の鬼が出ました!
それもみんなの前で堂々と作戦会議まで始めるふたり。

DN0A9351%E9%AC%BC.JPG


でも、なんとかみんなで追い払うことができました。


DN0A9375.JPG

いじけちゃって少し可哀想……いやいや、鬼ですからね。
こちらも本気です。

思いっきり大豆を投げて追っ払ってやりましたよ。

DN0A9373.JPG


大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。
米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることで大豆になったそうですね。

鬼の目を射ることから、炒った豆を投げるみたいです。
くれぐれも生の大豆を使用しないでね。


豆まきが終わったら鬼さんも仲良く一緒に恵方巻きをいただきました。

DN0A9369%E6%81%B5%E6%96%B9.JPG

今年の恵方は北北西ですね。
福を巻き込むことから巻き寿司。縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけないので、ひとり一本ですね。

七福神にあやかり、七種類の具が入った太巻きがいいそうです。島根は穴子が入ったりしますね。

ワイナリーはみんなで恵方を向いてお願い事しながら黙って食べたので、いいことがありそうです。
まだまだ寒いですが、風邪など引かれませんようお気を付け下さいませ。

それではまたー。


                                             いっとん



ワイン造り

一年でもっとも寒い日と言われている大寒も過ぎ
少しずつですが春の足音が近づいてきています。


ちなみに僕のトークはすごく寒いのでワインを飲んで温まってくださいね。


春の足音とはいえ外には雪がまだまだいっぱいあります。
足音が聞こえるのは工場の中です。

2月22日に発売予定の「きすきのさくら」の準備を頑張ってしています。


IMG_0972.JPG

ピンクがすごく綺麗でしょ?
これはまだラベルを貼っていない状態のワインです。

僕が作業している所だけ春がきています。なんか明るい気分になりますよ!

このあとにラベルを貼って完成です。

それがこちら


IMG_0973.JPG


ワイナリーから一足先に春のお届けでした。
みなさんも色々な春、見つけてみて下さいね。


受験生がいる親御さん、桜咲くことを祈っております。

またブログ書くので見て下さい。


                                         いっとん


その他

5時を過ぎると辺りは真っ暗。
会社に着いて真っ先にすることは薪ストーブやストーブ点火。先週は今シーズンはじめての積雪。慌てて自家用車のタイヤ交換をしたスタッフもちらほら居ました。
と思ったら昨日は20℃を超える暖かさに、、、。大雪になる?なんて話も聞かれますが、どうなんでしょうか。

気がつけば、今年もあと1週間あまり。
ブログ更新せぬまま年を越すところでした。なんとかセーフ(^^;)


今年の葡萄栽培&ワイン造りを振り返ると、まずは春の遅霜の被害が大きく、5月の連休中、突然の大風では葡萄棚のビニールが剥がれる始末。そして、夏になったら猛暑日の毎日。その後、8月までは比較的天候に恵まれたものの、9月になって長雨続き。毎週のように台風が発生し、収穫イベントも台風12号接近に伴い中止。雨続きで発生した病気や腐れも拡大し、非常に手間のかかる収穫作業・・・。10月以降はまた天候が回復したものの、昨年以上に葡萄の収穫量が減ってしまいました。

・・・と、文章にすると数行ですが、今年もいろいろな出来事満載だった秋でした。


さて、来年に目を向けると、ワイナリー庭に新たにできたカフェのオープンであったり、新しい圃場の整備であったり、年明け早々の瓶詰めラッシュであったりとなかなか盛りだくさんではありますが、先ずはやっぱり“いい葡萄作り、いいワイン造り”ですかね。ここ数年、自然との闘いに敗れ(?)収穫量も落ちているのでそこも改善したい・・・など考えております。

工場では年内にシードルの瓶詰めが残っていますが、手の付けられるところから年越し準備の大掃除も進めています。
今日から3連休。皆様よいクリスマスを!!
DSC09720.jpgDSC09723.jpg


MAKOTO



ワイン造り

今日は朝から曇り空。午後から雨になりました。
週間天気予報では火曜日まで傘マークが出ています。

そして気になるのが、、、、台風10号。

今年になって幸いにも台風の通り道になっていない山陰地方ですが、この台風の予想進路ではこちらに向かう様子。Uターンからの直角ターン?。しかもかなり勢力を増してきてるみたい。
収穫を控えた葡萄があるため大変心配です。



今年の仕込みシーズンはすでに始まっています!!(・・・なので慌てて更新しています^^;)
お盆過ぎから小公子を収穫し、18日に今シーズン初仕込み。その後もピノグリ、ソービニヨンブランを収穫しています。
今年は全体的に熟期が早く、仕込みラッシュが前倒しになりそうです。

早く仕込まないと葡萄を入れる冷蔵コンテナに空きが無い、、、。
収穫を保留している葡萄の傷みも心配、、、。早くもこんな状態です(笑)

シャルドネの収穫もやはり早くなりました。当初は9月11日か18日で予定しておりました「シャルドネ収穫イベント」ですが、前例がないほど熟期が進んだため、4日に決定させていただきました。台風の影響が無く、当日は青空の下で収穫をしていただきたいです!
今年のシャルドネは多少病気が入ったものの、“今のところは”なかなか良い状態です(^^)参加される皆様、ぜひ楽しんでくださいねー


MAKOTO


ぶどう栽培

とうとう梅雨入りしました、、、。今朝もどんよりとした雲に覆われています。
早くも青い空が恋しいです!


工場ではジュースやシャルドネの瓶詰めの作業が入り、葡萄畑の作業も忙しさが加速しています。枝の誘引、副梢かき、新しく植えた苗の管理や圃場の草刈り・・・。そしてウドンコ病やベト病、カイガラムシ対策の防除も入って来ました。やはりこのタイミングで気になるのが病害!こまめなチェックが必要です。

今年は春先の霜害の被害が例年に比べて大きく、小公子やシャルドネなど主力品種の減収が確実で、その上、GW期間中の大風(台風よりも強かった!)によって枝が折れたりしたため、苦しい状況に置かれています。
また、先日のニュースでは、今年になってから台風1号が発生していないため、7~9月に集中して発生するのではないかと・・・。

いろいろ心配な面もありますが、そこは自然相手。管理できない部分も多々あるわけで。
すくすくと育つ葡萄と雑草の成長に追われながらも、秋の収穫を目指して頑張りたいと思います。(ブログの更新もですね。。。)
DSC09421.jpg


MAKOTO


その他

今回はお知らせをふたつ。

まずは、「薪割りの会」から。
3月になりましたが、もう少し寒い日が続きそうです。たまに気温がぐっと上がることもありますが、昨日のように雪がちらつく日もあったりとジグザグ天気。体調管理も大変な時季ですね。ワイナリー店内の薪ストーブもまだまだフル回転です。
この薪ストーブの燃料となるのはもちろん薪ですが、その薪割りの体験ができるのがこのイベント。実際、薪割りを体験する機会はなかなか無いもので、参加された方には、“割れたときの爽快感がたまらない”とか“いい汗かいて運動不足解消になった”と喜んでいただいております。そしてイベントの終わりには、皆で暖かい料理を囲んでの昼食会!これはもう参加するしかないでしょう(^^)

....ということで、13日はぜひご参加を。参加を希望される方は「お知らせ」をご覧ください。20名程度を定員としておりますので申し込みはお早めに。
ちなみに、屋外でのイベントですので防寒対策をお願い致します。昨年はみぞれまじりの小雨の中での開催でした・・・^^;でも、動き出せばすぐに暖まりますよ!
DSC09220.jpg
これがワイナリー庭の一角に準備された約4tの原木。血が騒ぎます!?



次に、リリース情報。
京都の葡萄栽培家・梅垣誠氏が自ら品種交配してつくり出したぶどうから奥出雲葡萄園が醸造したワインといえば、今年1月にも発売した赤ワイン『梅垣』。オリジナル品種「野の香」を主体に造るこのワインは、山葡萄系品種らしい力強さと欧州系品種らしい繊細さを持ち合わせた人気の商品。

今回はこれに加えて『梅垣白』『ヴィオニエ』『ピノノワール』をリリース。全て梅垣氏が手掛けたぶどうを奥出雲葡萄園で醸造したものです。ヴィオニエとピノノワールはそれぞれの品種の特徴を十分感じられますし、梅垣白はリースリングと野の香を交配したぶどうで造った新たな味わいを楽しむことが出来ます。
DSC09217.jpg
これらのワインは限定生産となりますので、ワイナリー売店または直接お電話にてご注文下さい。詳しくは「お知らせ」のリリース情報を。在庫が無くなり次第、販売終了となりますのでご了承ください。


MAKOTO


その他

今年も行ってきました、ままちゃりの祭典!

『ままちゃりGP in 岡山国際サーキット』

前日の仕事が終わって“前乗り組”は荷物を詰め込んだ車でひと足早く岡山へ。明日へと迫ったレースに逸る気持ちをアルコールと温泉の温もりで沈め、この日は早い就寝となりました(笑)

当日の朝は暗いうちに宿を出発。いざ、決戦の地へ。
到着すると、まだ夜も明け切っていないのに会場は熱い人たちで賑わっていました。
“熱い”我々も早速準備へ。。。


8時すぎ。全メンバー集結。
今回初めて参加するメンバーは試走行に出ていきます。その他、食事の準備を始める者、バドミントンでウォーミングアップ?する者・・・



スタート15分前、アナウンスとともに各チーム集合。スタートラインに並びます。
DN0A3200.jpg
今回もチーム名は『チームおろちん』。ゼッケンは『77』。
DN0A3215.jpg
思惑通り最前列を確保(笑)ちなみに隣の「巫女さん」は兵庫県から初参加だそうです。



午前10時。さぁ、スタート!
DN0A3220.jpg
6時間の耐久レースがはじまります

全長約3.7㎞のコースは、アップダウンもあってかなり過酷。仮装ライダー、ちびっこライダーに負けまいと必死で頑張ります(^^)
DN0A3340.jpgDN0A3355.jpgDN0A3308.jpgDN0A3314.jpgDN0A3286.jpgDN0A3254.jpgDN0A3265.jpgDN0A3288.jpgDN0A3271.jpg


DN0A3228.jpgDN0A3312.jpgDN0A3329.jpgDN0A3295.jpgDN0A3242.jpgDN0A3261.jpg




6時間後、無事ゴ〜〜〜ル。
最後はみんな揃って集合写真。
image1.jpg
おつかれ〜
また来年
新たな気持ちでチャレンジ!!!


MAKOTO


ワイン造り

 ・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・


あっという間に12月。いや、2015年が終わろうと。。。
ずいぶん長い間更新が途絶えておりました。前回の写真がまさかの “すいか” ですからね。


さて、ざっくり振り返りますと・・・笑

8月は天候が良く、収穫時期の早い小公子などはまずまずの出来。ただし、この時点でカベルネソーヴィニヨンにはウドンコ病が蔓延していました、、、

9月に入り2週間近く雨が続き、収穫前の葡萄に病気や傷みが出てきます。
13日に開催した「収穫イベント」を控えたシャルドネも同様で、傷んだ粒を取りながらの作業で参加者の皆様にはいつも以上に頑張って頂きました。

その後は天気も安定し、ほぼ予定通りな流れで収穫&仕込みが続きました。11月になってからは発酵を終えたワインの樽詰めや年内発売ワインの瓶詰めなどの作業も入ってきて・・・まぁ今年もフル稼働でした。

ただ全体的にみると、今年は葡萄の収量が例年よりも少なくなったのが残念でした。カベルネのように病気によるものもありますが、7月とかの高温も原因のひとつとして考えています。


さて、今朝はかなり冷え込んで霜が降りていました。先日積もった雪もまだワイナリー周辺にちらほらと。玄関前のラベンダーも冬支度終了。
DSC09083.jpgDSC09082.jpg
今年もいよいよ終わりか〜と思う日々。来年度はもう少し更新頻度を上げたいと思いますm(_ _)m



MAKOTO